株式投資をするときにはある程度の情報を持っておくといいです。無知の場合には、損をすることもあるからです。特に初心者の場合には銘柄の選び方や買うタイミングや売るタイミングがわからないことも多いでしょう。株を始めるためには、基礎的な知識やほかのひとの体験談を参考にするといいです。特に失敗の体験談は参考になることが多いです。

初心者の人に注意してほしいのが仕手株と呼ばれるものです。これは企業ではなく、投資家のある集団によって株価が操作される銘柄のことです。株価の操作の仕方としては、大量に買い占めを行います。株価をいっきにあげることで注目度をあげるのです。ほかの投資家たちも参入してくれば、さらに株価があがることになるのです。ある程度の株価になったところで、いっきに売りがはじまり下落していきます。

短期間のうちに急激に株価が上がる場合には、仕手株であることが考えられます。選挙の前などには株価の変動が起こります。選挙に関連した企業の株価の情報には要チェックです。また、選挙を利用して仕手株を仕込むこともあるので注意しましょう。選挙関連の銘柄に関してまとめているサイトもあるので、銘柄選びの参考にするといいです。

仕手株の見抜き方としては、長期にわたって業績が良くなかったり、株価が安いことが挙げられます。株価があがる要因がないのに急激に株価が上昇した場合には、仕手株に利用されていることがあります。上手に活用することができれば、短期間のうちに利益を出すことができるといったメリットもあります。しかし、買いと売りのタイミングが重要なので初心者には不向きです。仕手株について勉強をすれば、利益が出せる場合もあるので勉強する価値はあります。