オンコや第一フロンティア生命が仕手株だったかどうかは不明ですが、仕手株で多額の利益を上げた人は、再び、仕手株に手を出すといわれれている。
なぜか。これは、短期間で多額の利益が見込めるからです。
仕手株とは、資金力をもった集団である仕手筋が、仕手株候補を選定し、条件に見合った株式を探し出して、狙いを定めます。
仕手株になる条件には、株式市場における発行株式数量が少ないこと、株価が長期間低迷しており、信用取引の買い残や売り残が少ないことがあげられます。
これは、少しの株式を買い集めるだけで、市場ににおける品薄状態を演出することで、株価は急騰します。
急騰し始めると、一般投資家の興味をひき始め、やがて一般投資家も参画してきます。こうなってくると、株式は更に急騰していきます。
仕手筋は、こうして株価が急騰している機関に密かに売り抜けていきます。株価が天井を迎えるまでは保有はしないのです。
株価が二倍や三倍になるのも、珍しいことではないのです。
仕手株として狙い撃ちされた株式は、買いの主体となる仕手筋が抜けてしまうと、株価はもとの業績に見合った株式に戻ろおうとします。更に追い打ちをかけるように、仕手筋は下がり始めた株式を大量に売りを浴びせて、株価を急落させるなど、売りたたきを行い、安くなったところで買い戻すやり方で、一つの株で二回利益を手に入れるケースもあるのです。
徹底的に利用するのです。
素人の一般投資家が一度や二度の利益を手に入れたとしても、長い目でみれば、損失を出している方がおおいおではないでしょうか。
仕手株での利益を手に入れる方法は、株式市場ではイレギュラーなやり方であるといえます。本来の方法ではないのです。